手をつなぐ親の会「クリスマスコンサート」

皆さまこんにちは!

先日、12月24日に、手をつなぐ親の会主催の「クリスマスコンサート」に参加させていただきました!

小平の福祉会館で行われたクリスマスコンサート。
たくさんのお客様にお越しいただきました。


曲目は…

・青空の彼方へ
・ふるさと
・クリスマスディスコキャロル
・赤鼻のトナカイ
・聖夜
・愛するデューク
・宇宙のファンタジー
・愛のコリーダ
・風になりたい
《アンコール》
・ティコティコ

以上の10曲でした♪


お客様と一緒に歌を歌ったり、ペットボトルで作ったシェイカーで一緒に演奏したりと、お客様にも参加していただきながら、一緒に音楽を楽しめる演奏会でした。

またお客様との距離が近いこともあり、お客様が楽しんでいる様子を近くで感じられるので、とても嬉しく思いました☺︎

さらにさらに!
会場にはクリスマスの飾り付け、団員はサンタ帽を被り、クリスマスの雰囲気全開で、終始わくわくが止まりませんでした…!!


そしてそして!
演奏の途中にはサンタさんやトナカイが登場!!
もちろんプレゼントも届けてくれました*

サンタさんからのプレゼントは、手作りクッキー!
お客様もとても喜んでくださり、サンタさんも嬉しそうでした(*´꒳`*)


お客様と一緒に音楽を楽しみ、一体感を味わえる演奏会となりました!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は、サンタさんのために煙突のある家に住みたかったホルンパートの吉池が担当致しました。

Unknown-4_201801102356510de.jpeg

Unknown-5_2018011023565287f.jpeg

第24回 こげらコンサート

12月10日、ルネ小平大ホールにて行われた「こげらコンサート」に参加させていただきました!

2013年以来、4年ぶりの開催となったこげらコンサート
コンサートは、今回で8回目となるそうです。

楽団では、今回が初めての参加になります。
演奏させていただいたのは、

こげら合唱団さんの伴奏
♪勇気100%
♪離陸準備完了

パーカッショングループの
だだっ鼓さんとの合同演奏
♪風になりたい
♪ティコティコ

コンサート最後の曲
♪AAO

Unknown-2_20171226223445473.jpeg

コンサート最後の曲の♪AAOでは、ステージの上だけでなく、会場全体が一つになり大合唱!
合唱団さんやお客さんのキラキラな笑顔が印象的でした。

こげら合唱団さん約130人の迫力ある歌声、心に響く優しい歌声に感動しました。
又、だだっ鼓さんのパワーあふれる太鼓の演奏を間近で聴き、改めて演奏する楽しさを感じることができました。

今回一緒にこのステージで演奏できたこと、とても嬉しく思います(^o^)
ありがとうございました!

テナーサックス中村

第32回 定期演奏会

皆さんこんにちは。
ユーフォニアムパートの新人、小松です!


先日、第32回定期演奏会が行われました!

Unknown-2.jpeg

今回の曲目は、
【第一部】
・青空の彼方へ
・グローバルバリエーション
・コーラルブルー
・吹奏楽のための第一組曲

【第二部】
・バードランド
・愛するデューク
・宇宙のファンタジー
・愛のコリーダ
・ギンギラギンにさりげなく
・サンチェスの子供たち
・サンバテンペラード
・私のお気に入り


でした!!

私は個人的に
高校の吹奏楽部でステージに上がって以来、
久しぶりの本番でした!!
(約6年ぶりです…。)

楽器が吹けること、合奏が出来ること
そして、演奏会の舞台に立ってお客様に演奏を聞いていただけること!!!

本当に嬉しくて、やっぱり音楽は楽しい!!!
と心から感じました(^^)

Unknown-5.jpeg

第一部の【グローバルバリエーション】は
今回の定期演奏会のポスターのテーマにもなった曲です!

音楽を通して世界を旅する。
とても素敵な曲ですよね(^^)

Unknown-4.jpeg

第二部は様々な曲のメドレーが印象的な
賑やかなステージでした!!!

Unknown-6.jpeg


こんなにたくさんの曲をやるのか!!
と最初はビックリしていた私ですが、
いざ本番になると、楽しくて楽して
あっという間でした…



演奏会が無事に最後まで行うことが出来たのは、
吹奏楽団の関係者の方々、ホールのスタッフの方々、聴きに来て頂いたお客様。
みなさまのおかげです!!!


今後も音楽を通してみなさまに感謝の気持ちを
伝えられるように、また、もっともっと楽しんで
頂ける演奏ができるように、練習に励んでいきますので
これからも小平青少年吹奏楽団をよろしくお願いします!!!

第29回「小平青少年音楽祭」に出演しました

10/29(日)、小平青少年音楽祭に出演させていただきました。

今年で29回目を迎えるこの音楽祭は日頃の練習の成果を発表する場として、小平市教育委員会様が主催となり毎年開催されています。

内容は合唱やバンド演奏、弾き語りにピアノソロ、吹奏楽と多岐に渡ります。
お手伝いをさせていただいた搬入では公立の小学校でこんなに! 
と、小平に越して来て間もない私は各学校様の楽器の充実振りに大変驚かされました。

台風接近により雨風も強く肌寒い天候ではありましたが、本番前、舞台袖で何度も掌に人の字を書いて飲み込む子供たちや、体の大きさと同じくらいの楽器を堂々と吹く少年少女が客席だけでなく、舞台裏もほっこりとさせてくれました。

私達が演奏させていただいたのはコーラルブルー、愛するデューク、宇宙のファンタジーの3曲と世界に一つだけの花、ふるさとの伴奏を含めた計5曲です。

色々な発表を聴かせていただき、もっと練習せねばと思わせてくれる本番となりました。


小平青少年吹奏楽団は団員を募集しております。下は10代から上は50代の幅広い団員が皆さまのご参加をお待ちしております♪

1509889158947_convert_20171106235247.jpg

今回は十数年振りに吹奏楽を始めたユーフォニウムパートの高橋が担当しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

第11回こだいら雨情うたまつり2017

こんにちは!
気温も段々と上がり、夏らしい陽気になってきましたね。

私たち小平青少年吹奏楽団は、5月28日(日)にルネこだいら大ホールで行われた「第11回こだいら雨情うたまつり2017」に出演させていただきました。


数日間雨が続いていましたが、この日はカラっとした晴れ模様。
青空の下、たくさんの方にご来場いただきました。

s__20170529_212828.jpg


こだいら雨情うたまつりとは、小平霊園に眠る童謡作詞家の野口雨情を偲ぶ演奏会です。
野口雨情は、「シャボン玉」や「赤い靴」、「七つの子」など、誰でも一度は聞いたことのある童謡を数多く作詞された童謡詩人です。

野口雨情の生誕から今年で135周年。
100年以上も歌い継がれてきた雨情の歌は、素朴で心に染み入るような歌詞が多く、その歌詞に宿る「日本人の心」を次世代にも伝えていきたいという思いから、このこだいら雨情うたまつりが毎年開催されています。

今年もうたまつりにはたくさんの団体が出演し、様々なアレンジをされた野口雨情作詞の童謡がステージを彩りました。


さて、この日は数名の団員が朝から舞台設営のお手伝い。
みんなで舞台上に吊るす看板を準備中です。

s_1495972449442.jpg


上演中は、舞台転換のお手伝い。そんなことをしていると、あっという間に私たちの出番がやってきました。


小平青少年吹奏楽団は「七つの子」と「赤い靴」、「青い眼の人形」の3曲を演奏させていただきました。

今回は全部で6団体が出演していましたが、私たちと同じ楽曲が他の団体でも演奏されていました。
同じ曲ではありましたが、各団体様々なアレンジがされていて、全く異なる印象を受けました。


この演奏会の目的は「美しい日本語を次の世代」に引き継ぐこと。
演奏会の締めくくりは、会場にお越しくださったお客様とともに全員合唱。
「小平市歌」と日本の情景を美しく表した「ふるさと」を、ピアノ伴奏をバックに合唱しました。

今回の演奏会は、3歳のお子さんから80代の方まで出演。
美しい日本語を今に伝えてきた世代の方々と、次世代を支える子どもたちが同じステージに立ち、演奏を行いました。
童謡は世代を越えてどの年代にも親しまれる音楽として、今後も歌い継がれてほしいものですね。

s_1495972447330.jpg


最後になりましたが、演奏会にご来場くださったお客様、誠にありがとうございました!

次回の演奏会は、7月2日にルネこだいら中ホールで行われる「ふれあい音楽祭」です。
次回の演奏会でも、みなさまにお会いできることを楽しみにしています!


また、現在小平青少年吹奏楽団は絶賛団員募集中です!
私たちと一緒に音楽を楽しみませんか?
まずは気軽に、見学だけでもお越しください。団員一同お待ちしております♪


今回の記事は、入団1ヶ月、このこだいら雨情うたまつりが初出演ステージとなったクラリネットパートの大宮が担当させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード